美白の為の美容皮膚科

美容皮膚科というクリニックはご存知ですか?一般の皮膚疾病とは別に美容専門で診てくれる医療機関です。

 

自力では取り除けないしみやくすみを治療してくれますし、相談にも乗ってくれます。

 

ケースによっては保険がきいたり、エステよりも安価な施術料で利用できるようです。

 

美白で悩んでいる人は、エステへ通うように気軽に美白相談にいってみてはどうでしょうか。

 

レーザー治療

強力な美白パワーを持ったレーザーを患部にピンポイント照射することによって、皮膚を傷つけることなくメラニン色素だけを破壊する治療法です。

 

色素を波長で識別しますので、より色が濃いしみに、より強く反応します。

 

しかし、気をつけてほしいのは、メラニンを完全に破壊してしまうので、本来メラニン色素がもっている、お肌を保護するという機能まで失ってしまうということです。

 

施術後は徹底的に紫外線対策をしてください。

 

ケミカルピーリング

皮膚を薬で溶かすなどの刺激を与えることによって、皮膚の再生力を鍛えるという、お肌の若返り治療の一種です。

 

くすみやしみ、こじわ、コラーゲンの生成力の促進に有効です。にきび肌にも有効です。

 

その他の効果としては、表皮が健やかになる。
肌のハリ、弾力が戻る。ターンオーバーの促進。メラニン色素の減少。角栓と皮脂の除去。毛穴のつまりを開放 などが上げられます。

 

ここでも注意が必要です。ピーリング剤は、皮膚の表面にある角層を根こそぎ剥ぎ取っていくので、結果的に、本来角質が持っていた保湿成分をも奪い取ります。

 

また、お肌を紫外線などの強い刺激から守っていたメラニン色素をも剥ぎ取るので、保湿対策を徹底させるのと同時に、よりいっそうの紫外線対策が必要になります。

 

そのほか、皮膚科でなければ処方してもらえない美白薬というのもあります。

 

皮膚科での美白治療は、かなり効果はあるのですが、一般の化粧品やエステ以上に強力な刺激をお肌に与えます。

 

ですから、皮膚科での治療は、しみやくすみなどのお肌トラブルの最終的な手段としてとらえておくほうが良さそうです。

 

また、きちんと治療方法の説明やカウンセリングも丁寧にしてくれるところを選びましょう。

美容皮膚科で処方してもらえる美白薬

エステや化粧品メーカーで美容液を発売する場合は、薬事法で強い薬効があるものは規制がかかってしまうのですが、同じ美容科でも皮膚科の場合は、専門医師としての強みがあります。

 

エステや美容整形では、けっして処方してもらえない、より効果が期待できる美白剤がここでは手に入れることができるのです。

 

ハイドロキノン

大変強力な美白効果があります。

 

メラニンの生成を抑制し、すでに出来てしまったメラニン色素を完全に破壊します。

 

美白効果が強烈な分だけ、肌に与える刺激も強いので、まず、皮膚科の診断を受けてから処方してもらいましょう。

 

レチノイン酸

レチノイン酸には、次のような効果が期待できます。

 

角質を剥がれやすくする。表皮のケラチンを増殖 。表皮のターンオーバーを促進 。間質内ムチン(ヒアルロン酸など)の沈着を促進 。

 

真皮にも効果を発揮します。真皮乳頭層の血管を新生。コラーゲンの生産を促進。

 

レチノイン酸は、まだ日本では認可が下りていないので、国内では入手できません。

 

非常に肌への刺激が強烈ですが、レチノイン酸自体は、単体では美白効果は余りありませんが、ハイドロキノンと併用するいことによって、しみ、小じわ、毛穴の開き、にきび治療などに有効に働きます。

 

もしどうしても使ってみたいという場合は、個人輸入しかありません。

 

ただ、かなり危険な美白剤なので、専門家の指導のもとで利用しましょう。