ニキビを早く治す方法、洗いすぎは逆効果

にきびが出来やすい体質の人にとっては、にきびは非常に大きな悩みです。

 

しかし、体質がありますので、出来てしまうのは仕方がないところ・・・。

 

問題は出来てしまったにきびを出来るだけ早く治す事が重要です。

 

美肌でいたい人にとっては、いつまでもニキビがたくさんあるのはいやですからね。

 

しかし、大きな間違いをしている人がおおいのは、「とにかく洗え」「洗顔命」と思っている点です。

 

洗いすぎで、弱酸性の肌が弱まり、菌の居心地をよくして、にきび菌を長く住まわせる事になるだけです。

 

洗顔料ばかりに気をとせれて、何度も何度も洗ったりすればするほど、逆高価なことに早く気づいてください。

 

お化粧していない状態なら、ぬるま湯や水で、流すだけでも充分な程度なのです。

 

問題は、体内にありますから、表面ばかり清潔にしても意味はないのです。

 

逆にごしごし洗うことで肌にダメージを与え、自浄能力を奪い、菜借りにくくするだけです。

 

もともと持っている美肌力を肌から奪っているだけなのです。

 

では、どおしたらにきびを早く直せるかというと・・・

 

それは、石鹸や洗顔料をなるべくつかわないことと、ニキビの周りをマッサージしてやること、更に顔のリンパの菜借りをよくするマッサージをすることです。

 

老廃物や毒素など、不要なものの排出が進んでいかないから、ニキビができるのです。

 

ニキビ自体を強く押したり、つぶしたりするのは×です。

 

あくまで、にきびの周り、3p位をつまむようにマッサージし、さらに顔の周りのリンパの流れをよくするように、優しくマッサージしてください。

 

また毒素やアレルギー物質は、腸内で発生しているケースがおおいので、便秘の悩みなどがある人は、便秘解消も重要です。

 

腸内をきれいにするには、ヨーグルトなどをとるようにして、腸内環境を整えるといいでしょう。

 

じつは、腸内環境が悪いから、ニキビが出来やすいということもありますので、腸内環境を整えることで、にきびが出来にくくなります。

 

体質はある程度仕方有りませんが、にきびがゆく出来る人手、便秘がちの人は、それが原因のこともありますので、便秘楷書したらできなくなることもあるようです。

 

美肌の根本は、洗顔ではなく、腸内環境にあることを覚えておくといいでしょう。

 

美肌=洗顔命ではなく、美肌=腸内環境=便秘解消と覚えておいてください。